楽天モバイル情報

楽天モバイルの格安スマホサービスは超おすすめです!

 

楽天モバイルの格安スマホサービスは超おすすめです!

 

楽天モバイルはスマートフォン利用者における格安SIM利用者シェアNO.1となりました!(MMD研究所2016年3月スマホ利用者動向調査より)

 

 

楽天モバイルの主な利点

 

楽天モバイルは、格安スマホを契約することによって得られる楽天グループからのサービスがずば抜けてすばらしいです。上手く使えば年間のお小遣いを10%も削減することが可能です。

 

それにデータ量も格安スマホ業社中で最高レベルの3.1Gです。これは毎日のように変化する格安スマホ業界ですから、確実とは言えませんが、2016年の8月の時点で業界1位か2位です。

 

それから端末の種類も非常に豊富で、この分野でも業界最高レベルです。

 

それに基本料金(月1600円+端末代)に+850円のコースを設定することで、通話5分間のかけ放題サービスなどもあります。

 

 

格安スマホ&格安SIMを契約する時に絶対に注意しなければならない点

 

1.会社の企業体力&信用度

 

これは最も大事です。格安スマホはいろいろと細かい手続きやメンテナンスなどが必要な時があります。貴重な時間を使ってやっと格安の料金と快適なスマホ生活を手に入れても、会社が倒産でもしたら費やした時間がすべて無駄になります。

 

格安スマホが本格的に普及して、1年ぐらい経過しましたが、参入している格安スマホ業者は約200社もあるそうです。

 

そのほとんどが、新規参入のベンチャー企業なのが実態です。格安スマホやモバイルの専門家が見ても、この会社はあぶないぞと思える会社はたくさんあるのが本当のところです。

 

年会費無料!しかも、新規入会でもれなく5000ポイントがもらえるすごいカードです!

 

ある外資系の経営コンサルタントの話では、格安スマホ業界は、オリンピックといっしょで、1位から3位までしか生き残らないことが濃厚だそうです。あとは、デザインがキレイだとか、地方専門だとか大学生専門など差別化した会社のみが生き残るとのことです。

 

私もこの意見に賛成です。ですから、面白いベンチャー企業を応援するつもりで格安スマホを小さく新しい会社と契約するのもいいですが、面倒なことが大嫌いで時間とお金を大切にしたい方は絶対に企業体力があって信用度の高い会社と格安スマホは契約すべきだと思います。

 

 

2.契約することによって得られるサービスの質と量

 

格安スマホに乗り換える場合、端末の性能や価格などだけに目が向きがちです。しかし、こと格安スマホに関するかぎり、楽天モバイルはサービスの質と量が全く違います。

 

簡単に楽天モバイルの利点について説明すると、価格が安いに加えてドコモの通信回線を贅沢に使える。それから、月々の格安スマホの支払いを続けるだけで、楽天のスーパーポイントが貯まります。

 

しかも、楽天モバイルと契約中は楽天市場で買い物をすれば、ポイントが2倍になるというサービスまであります。端末購入時や下取り、専用のアプリをダウンロードする際にもスーパーポイントがもらえるという充実ぶりです。

 

 

楽天のこのポイントサービスについては、スマホ料金を安くするだけでなく、コンビニでの買い物など家計にも大きなコストダウンを実現してます。

 

それに、楽天グループとつながらる様々なサービスとも関連づけて、楽天モバイルを活用すれば、非常に快適なスマホライフを送ることできます。

 

・格安スマホ導入で気をつけなくてはならないこと

 

・楽天モバイルで家計の経費を10万円カットしましょう!

 

 

3.格安スマホは、数年先の事も考えて、やはり、インターネットの専門業社に任せましょう

 

1年以上もの間、いろんな会社がSIMフリーをきっかけに、格安スマホの市場に参入してきました。たくさんの会社がありますが、ほとんどがサイドビジネス感覚で格安スマホの市場に乗り出してきています。

 

この格安スマホの市場を自社のコア業務としてとらえている会社は、ほんの数社しかありません。

 

 

ですから、消費者のニーズやサービスの質や量について、全くわけのわからない事業展開をしている会社が多いです。

 

・通信速度の充実
・たくさんの端末をそろえる、
・手厚く親切なアフターサービス
・新しい技術の導入

 

などなど、こういうのは、インターネットが本業の会社でなければ、敏速に手を打ち続けるのは不可能です。現在、格安スマホについて通話料金が問題になっていますが、この問題についても最も敏速に低価格化を実現するのは楽天モバイルだと思います。

 

すでに、楽天モバイルは業界最高レベルの通話サービスを展開しています。しかし、今後は、もっと利用者の利便性を考えた斬新な通話サービスを展開して行くと思います。