同人誌でも十分世間が学べる

今、同人誌の世界で話題になっているのが、FANZAなどの電子コミックサイトで配信されているまろん☆まろんという同人サークルの作品だ。

まろん☆まろんの同人作品は今までのアダルトコミックとはちょっと違い今の時代の社会生活に病んでしまった30代ぐらいの男性をコミカルに描いている異色作だ。

最近、配信開始された新作の無視せざるを得ぬ町…っ!も大ヒット中だ。この作品は、今までの同人誌の歴史の中でも最高の売り上げをあげるのではないかと非常に高い評価を得ている。

これらの作品を読んでいるのはおそらく、30代から20代後半の都市部に住んでいる独身男性たちだろう。

読者の多くが、これから40代を過ぎても、ずっと結婚をせずにフリーターで働き続けるか、それとも、パート労働か派遣労働をして実家にいるのではないかと思われる。

まろん☆まろん作品の主人公も30歳前後が多い。

これからの時代、男性の結婚に関しては決断の時期がすごく難しくなる。まず男性の仕事自体が終身雇用ではなくなった。それに、年功序列でもない。

だから、もし、男性が給料ダウンになったとしたら、もしくは失業したりしたら、10年20年とがんばってきたことがすべてムダになってしまう。

そうなってしまった時の精神的な苦痛ははかりしれないものがあるだろう。

それなら、結婚せずにずっと独身をつらぬき通すか。

結論からいえば、結婚はすべきだと思う。特に都会に住む男性は、女性と協力しながら生きなければ、自分が失業したり、給料ダウンになったら、一撃でアウトになる。

最近はお金に困ったなら、生活保護や自己破産すればいいなどと無責任なことを言う人が多い。

生活保護にしても、今は受給が超厳しい時代だ。地道にサラリーマンで生きる方がいいに決まっている。

まろん☆まろん作品が内容を見ると、そういう時代の男性の葛藤みたいなものあることすごくよく解る。

多少、歪んだ性衝動のようなものがあるように見えるが、それだけ今の時代が、男性にとって生きるのが難しい時代だということの現れなんだと思う。