女性漫画でも十分世間が学べる

今女性漫画の世界で話題になっているのが、凪のお暇というタイトルの女性漫画だ。この漫画は今までの社会派漫画とはちょっと違い今の時代の社会生活に病んでしまった女性をコミカルに描いている異色作だ。

この作品を読んでいるのはおそらく、30代から20代後半の都市部に住んでいる女性たちだろう。

おそらく、読者の多くが、これから40代を過ぎてまで、ずっと結婚をせずに働き続けるか、それとも、結婚して家庭に入るかの選択を迫られているのではないかと思われる。

凪のお暇の主人公も28歳ということだから、今後の自分の選択をどうするか真剣に考え苦悩している。

これからの時代、女性の結婚に関しては決断の時期がすごく難しくなる。まず男性の仕事自体が終身雇用ではなくなった。それに、年功序列でもない。だから、もし、男性が給料ダウンになったとしたら、もしくは失業したりしたら、自分は会社を辞めてしまったことを後悔することになる。

それなら、結婚せずにずっと独身をつらぬき通すか。

結論からいえば、結婚はすべきだと思う。特に都会に住む女性は、男性と協力しながら生きなければ、自分が失業したり、給料ダウンになったら、一撃でアウトになる。

最近はお金に困ったなら、風俗へ行けばいいなどと無責任なことを言う人が多い。

風俗だって今は超厳しい人気商売になっている。地道にサラリーマンで生きる方がいいに決まっている。

これからの時代、昔のように20歳ぐらいでバカみたいに遊び呆ける人はかなり痛い目を見るだろう。

当たり前だが女性は人一倍努力して健康に勉強にがんばらないと絶対に幸せにはなれない。